もっと安いクレティエン ・サラがよければ、よそでどうぞ。

【チェイサー】こだわり、愛着を教えてあげてください

赤ん坊とO脚

   

freeimage-9-bb-com-01071_r赤ん坊の足に目をやると赤ん坊のほとんどがO脚になっていると思われます。成人になればとてもまっすぐで綺麗な足の人であっても、赤ん坊のころというのはO脚だったという人は割と多いのではないかと思います。赤ん坊は成長するにつれて真っ直ぐになっていくのですが、だいたい2歳半位を境にして、X脚へと変わっていくのです。そして子供の幼稚園児くらいから小学生くらいになる迄はX脚の子供が多いのですがそれから後はまっすぐになっていくのが普通なのです。しかし赤ん坊のころのO脚がそのまま成人しても治っていないという人もいるというわけです。なぜなら赤ん坊のころに歩くことに関して無理をさせたからだと考えられています。赤ん坊の歩行については絶対に無理をしてはいけません。たとえば歩き始めをせかして嫌がっているのに歩かせたりと、無理をしてしまうと、足に負担をかけてしまい成長を妨げてしまうことがあるのです。これが原因で赤ん坊の足がO脚になるということはよくある事なのです。ですから赤ん坊のO脚を将来まで引きずらないようにするのには親の足に関する知識も重要になります。自分の子供が将来O脚で苦しむ程度ならまだいいのですが、日常生活で腰痛があったりまっすぐな脚ではないためにいろいろな障害などが出てしまうと辛いですから、赤ん坊が歩き始めてもせかしたり、無理をさせることがないように注意しないといけないのです。成人してからも赤ん坊のころのO脚は一回改善されていた人でも生活スタイルや習慣が原因でまたO脚になるような場合も多々見受けられます。

 - ヘルス・健康・サプリ